EDの主な原因

最近は、中高年の男性だけでなく、20代、30代の若さで勃起不全の悩みを抱えている男性が増えています。
勃起不全は、『ED』と呼ばれることも多いです。
勃起不全には、大きく分けて2種類あります。
ひとつが器質性の勃起不全です。
器質性の勃起不全は、体の原因によって起こる勃起不全のことです。
器質性の勃起不全で多いのが、糖尿病が原因の勃起不全です。
生活習慣病のひとつでもある糖尿病は、血管や神経を傷付けます。
そのため、血液の流れが悪くなり、勃起不全になりやすいのです。
勃起不全の原因で最も多いのが、心因性の勃起不全です。
心因性の勃起不全は、不安やストレスなどの心理的な原因により起こります。
幼少時のトラウマが原因となって勃起不全を発症する人もいます。
心因性の勃起不全の場合、薬物治療だけでなく、精神科医などの専門家に相談して治療を受けることもあります。
現在、勃起不全の治療は、薬物治療が多いです。
主にPDE5阻害薬を服用することで、勃起不全を改善していきます。
PDE5阻害薬は、現在3種類あり、それぞれに特徴があります。
医師の診察を受けて、症状に合った治療薬を服用することになります。
PDE5阻害薬は、効果が高いのですが、中には合わない人もいます。
そのような場合は、陰圧式勃起補助具を使うこともあります。
陰圧式勃起補助具は、即効性があり、薬のような副作用がありません。
PDE5阻害薬と併用するケースもあります。
ただ、陰圧式勃起補助具には、ペニスの痛み、皮下出血などのデメリットもあります。
ですから、陰圧式勃起補助具を使う場合は、メリットとデメリットを考えてから使用することが大事です。
PDE5阻害薬は、医師の指示に従って、正しく服用することが大事です。

EDの症状と度合

EDの症状は、人によって微妙に異なり、全く変化しない人だけではなく、本番で急に萎えてしまう事もあります。
EDには、セルフチェックの項目があるので、男性が個人的に状態を調べたり、客観的に現状を理解するヒントが得られます。
また、EDは物理的な硬さや維持力だけではなく、精神面もセルフチェックの指標になるので、これも合わせてチェックが必要です。
刺激を得たり、興奮する事で勃起状態になるは、維持する為にどれだけ自信が持てているか、5段階評価でチェックする事が出来ます。
評価最大の5であれば、EDの恐れは非常に低いので、当てはまる人は悩みを抱えていないといえます。
逆に最も自己評価が引くかったり、少しも自信が持てている感覚がない時は、重度のEDである可能性が高まります。
2番めの項目では、性的な刺激を受けた時、挿入可能な硬さになったか、あるいはどの程度の頻度で可能だったかチェックします。
僅かな刺激を受けて、十分な硬さになれば合格で、多少自信がない場合でも、半分以上の頻度で固くなれば、EDを早期治療する事が出来ます。
刺激を感じなかったり、気持ち的に興奮を覚えていない場合は、中程度以上の症状が発生しています。
更には、女性と行為を行う際、最後まで硬さを維持出来たか、維持に苦労や困難を感じた、そもそも試みる事すら不可能だった等、幾つかの指標で判断する事になります。
最後は自身が感じた興奮と共に、相手を満足させられたが焦点ですが、快感や興奮が少なかったり、満足よりも苦痛の方が高ければ、強いEDの症状であると判断されます。
これらはセルフチェックなので、あくまでも医者の判断とは違いますが、EDの度合いを客観的に把握する為に役立ちますし、相談前の切っ掛けとして活用する事が出来ます。

EDにならないために

勃起が果たされるためには、まずは十分な性的刺激を受取ることが必要です。
そしてその刺激が神経を介して陰茎に伝わると、陰茎海綿体の動脈は拡張されます。
そこに十分な量の血液が勢いよく流れ込むことで、陰茎海綿体が膨張すると言うのが勃起です。
EDは、この一連のどこかに、あるいは複数に支障が生じることで出やすくなります。
ですからEDにならないためには、その要因となり得る支障を発生させないことが必要です。
まず心に関することとしては、ストレスを感じ過ぎないこと、性的事柄に対して悩みなどがある場合は、それを解消しておくことが求められます。
性的刺激を感じることは、勃起の第一段階、いわばスイッチとも言える事柄です。
ですからストレスや性的事柄に対する悩み、嫌悪感などがあるとそのスイッチが入りにくくなってしまう恐れがあります。
自分ひとりで解消するのが難しい場合は、パートナーや専門医の力を借りることも必要です。
次に体に関することとしては、特に神経や血管の病気、ケガに気をつけると言うことが必要です。
またたとえ明らかな症状などがなくても、糖尿病や高血圧などは生活習慣の積み重ねによって、その一歩手前になっていると言う状態も多くあります。
ですから、そのような状態を防ぐためには食生活に気を配り、規則正しい生活習慣を送ることも求められます。
食事に関しては、血流を促進させる作用がある野菜や魚類を意識的に食べるようにして、また適度な運動習慣を持つことも必要です。
飲酒は適度な量であれば血流促進効果が期待できますが、喫煙に関しては百害あって一利なしです。
神経や血管に対するダメージが蓄積されEDの引き金となることも多いので、止める努力した方が賢明です。
何に対しても言えることですが、EDにならないためにも心身共に健やかでいることを心がけるのがいちばん効果的です。

◆ED治療薬といえばこれです
バイアグラ
◆持続時間に悩んでいる方にはこちらがおすすめです
シアリス 通販
◆EDにすばやく対処したい方はこちらをどうぞ
レビトラ