家庭で利用できるED治療薬の料金はいくらになるのか

基本的に、ED治療薬は日本で購入することが認められている正規の医薬品ですが、実際に購入して家庭で利用するためには専門外来に予約を入れて問診を受けてから症状を確認してもらう必要があります。その上で必要と判断されれば処方してもらうことができるので、一般的な薬の処方と何ら変わることなく処方してもらうことができます。ただし、ED治療薬を専門外来から処方してもらう際には一つだけ気をつけておかなくてはいけない料金面でのルールがあります。それは、専門外来で処方をしてもらうことができるにも関わらず、一般的な薬の処方と違って薬の費用の控除がないということです。つまり、ED治療薬は全額自己負担で費用を支払わなくてはならない薬であるということを意味します。なぜこのような負担を強いられることになってしまっているのでしょうか。ED治療薬が医学的な効能を認められている医薬品であることに違いはありません。しかし、日本の保険の適用を管轄する機関ではED治療薬の処方に関して必ずしも治療行為に必要なものではないという解釈をしています。原則として、日本の保険というのは患者に対する何らかの病気の治療行為以外に関しては保険を適用させないというスタンスをとっています。例えば、風邪を引いて実際に病気になってしまっている場合には確かに治療行為として薬を詳報してもらうことができますが、EDの場合には風邪と違って必ずしもウイルスなどの外的な要因によって症状が発生している病気とは認識されないわけです。そのため、継続的にED治療薬を処方してもらうことを考える時には、必ず総合的にどの程度の料金になるのかを考えておく必要があります。薬の料金はそれぞれの種類によって異なるので、その種類によって分けて考えることが大切です。