勃起障害に作用するED治療とは

男の代表的な悩みとして、勃起障害があります。俗にいうEDですが、この勃起障害を治療したいと思った時にまず必要なことは、自分がなぜ勃起障害になったのか、また勃起のメカニズムへの正しい知識を持つことが必要です。
まず勃起が起こるメカニズムですが、最初視覚的な部分や触感などから脳に刺激を受け、その後ペニスに血流を集める指令がなされます。指令を受けてペニスに血が流れ込み、次にその状態を保つようにさらなる指令が下るのです。EDの症状がみられる場合は、このメカニズムのどこかに原因が潜んでいるわけです。つまり、自分がそのどこに原因があるかを分からないまま闇雲に改善に向けて治療をしても、確かな効果が得られないことにもなってしまいます。ですので、まずは自分の状況を分析して、その原因を究明していくことが大切なのです。
勃起障害がおきる要因には、大きく分けて2つあります。一つは、精神的なことが原因で起きる場合です。過去に性的な部分で何かしらの精神的圧迫を感じ、それがトラウマになっているケースや、性的な部分からではなく、会社や家庭、相手との関係性の中でストレスを強く感じている場合もあります。この精神的なストレスから、脳が刺激を受けづらくなっていたいたり、指令を下す命令系統が遮断されている場合があります。場合によっては、うつ病を発症していることもあるので、その度合いによって精神科や心療内科に通う必要も出てくるのです。また、精神を安定させる薬を服用して改善される場合もありますので、一度専門の病院に行って相談することをおすすめします。
もう一つの要因は、加齢などによる肉体的な衰えの場合です。この場合は、血行などの肉体的な機能が衰えている場合がほとんどです。それ以外にも、身体が疲労困憊していて元気がない場合もあります。このような場合は、まずは肉体の疲れを取り除き、血流を改善する作用のある治療を心がけましょう。